ハイキュー3期 3話 感想 ゲスの極みブロック - ほのぼのと司法試験に挑戦

ハイキュー3期 3話 感想 ゲスの極みブロック

アニメネタ
11 /04 2016

 ハイキュー3期 3話 「GUESS・MONSTER」の感想です。

 ブロッカーである天童 覚が目立っていました。2話感想でいうところのニワトリの活躍です。

 これまで烏野は、コミットブロック、リードブロックというブロックを扱う相手と戦ってきましたが、初めてのゲスブロックです。影山の目線のフェイントを見抜くなど、ゲスブロックを使うニワトリの存在感は、すさまじいものでした。
 ゲスブロックのゲスとは、品性や身分のことではなく、推測・直感というGUESSを意味します。つまり、ゲスブロックは、トスが上がる前に誰がスパイクを打つのか予想して飛ぶブロックのことです。

 プロのブロックでも、3話のように心理戦が行われているのでしょうか? 気になるところです。

 
 さて、相手監督の指導方針は、「固体値を上げて、上から殴ればいい」というような方針であり、一方烏野は新しいことこと強さであるという方針であると、バレー指導方針が全くことなる2つのチームのどちらが勝つのか、楽しみに次回を待ちたいと思います。




 

コメント

非公開コメント

水刀

2017年4月、LSに入学しました。