【時事】ながら運転での事故においてスマホゲームタイトルを記事全面に出すことの是非 - ほのぼのと司法試験に挑戦

【時事】ながら運転での事故においてスマホゲームタイトルを記事全面に出すことの是非

時事ネタ
10 /28 2016

 10月26日に愛知県で、トラックにはねられ小学生が轢死した事件において、トラックの運転手がポケモンGOで遊びながら運転をしていたことが分かり、各種報道機関によって報道がなされている。この報道記事において、「運転中ポケモンGOをしていた」旨の記述が多くなされ、記事の見出しにはほぼ必ず「ポケモンGO」という単語が入っているのである。

 ここで問題としたいのは、ポケモンGOへの無意味な風評被害を発生させるこのような記事が許されるのかという点である。換言すれば、「スマホゲームで死亡事故」というタイトルであっても、報道として十分な記事が書けるのに、ポケモンGOという名称を記事のタイトル・内容として紹介することが必要であるのか。ということである。

 各種マスコミとしては、視聴率(web記事であれば注目率といってもいいだろう)を稼ぐために、なるべく注目の集まる事件について報道をするという姿勢がある。そのため、年間1500件存在する携帯電話が原因とする交通事故すべてを報道することはなく、事件の被害が甚大などの珍しい事故でなければ報道がなされないのである。(これは、報道時間、報道紙面が限られていることから、致し方ないところもある。少年事件における残忍な事件が殊更に報道されるのと同様である。)

 そして、本件において、ポケモンGOという属性が非常に読者の目を引くために、大々的に「ポケモンGO」による事故として、報道がなされているのである。

 死亡事故の原因を「ポケモンGO」とすることは事実関係として間違いということはできない。さらに、加害者がポケモンGOをしていた旨の供述があることから「ポケモンGO」という単語が出てきてしまうことは、ある種当然ということができるかもしれない。


 しかし、事件の本質としては、スマホ操作よるながら運転が問題なのであり、それが事故の原因であるから、殊更にポケモンGOが~という報道するのは、いかがなものなのか。


 各種報道を読んでいると、ポケモンGOが原因となって事故が生じたことを強調し、事件の本質である「ながら運転」の危険性への指摘は皆無であると感じる。ただ、ポケモンGOによって注目を集める記事を書いているだけであり、私には、報道者としての使命感や矜持というものを、感じ取ることはできなかった。

 言い換えれば、本質的に重要でない「ポケモンGO」であるけれど、「ポケモンGO」が関わった事件は皆の注目を集めるから記事にしたというものを感じるのである。

 皆さんは、どのように感じただろうか。


コメント

非公開コメント

水刀

2017年4月、LSに入学しました。