ハイキュー!! 3期 2話感想 - ほのぼのと司法試験に挑戦

ハイキュー!! 3期 2話感想

アニメネタ
10 /21 2016



 ハイキュー!! 3期 2話感想

 「出たな、左」という西谷の発言の真意が分かる話でした。

 バレーでも左利きは対応が難しいのですね。テニスでは聞いたことがあったのですが、バレーでも左利きは打点、回転が異なり、左の経験が浅い人は対応が難しいとは…、西谷が取れなかったのは、変人速攻初見や及川さんのサーブ以外では初ですから、よほど取り辛いのでしょう。
 威力よりも、回転等の解説がなされていて、牛島はまだコントロール重視ということですから、まだ進化するかもしれませんね((((;゚Д゚)))))))。もともとの予想では、レシーバーが後ろに仰け反る作画、演出があると思っていたので、後半の威力重視になったときのための、伏線であることを祈りたいです。
 「左の脅威」というタイトルとしては、非常にマッチした話でした。

 しかししかし、3本でしっかりと慣れた西之谷の有言実行は、すごいですね。
 私も、有言実行で、試験に合格したいですv(o゚∀゚o)v

 牛島の「よこせ」から、日向に対してブロックをぶち抜いていく行為など、相手選手にも感情移入ができる点は、やはり見事ですね。赤いニワトリの方がキャラが立っていましたが…。

 牛島の強さを伏線として視聴者に意識させてから、主人公に立ちふさがる伏兵(ニワトリ)を登場させるという物語のシナリオは見事です。

 次回も楽しみです。














コメント

非公開コメント

水刀

2017年4月、LSに入学しました。