新元号の「令和」と出会い、久方ぶりにブログ記事を書こうと思います。 - ほのぼのと司法試験に挑戦

新元号の「令和」と出会い、久方ぶりにブログ記事を書こうと思います。

未分類
04 /01 2019

あまりにも久しぶりにブログを書きます。

今年の5月1日から施行される新元号が、「令和」と発表されました。
とても嬉しい気分になったので、少々億劫になっていたブログの更新をします。

令和という元号を初めて見た時は、出会ったことがない単語である以上、しっくりこないところはありました。しかしながら、出典の万葉集を参照すれば、「初春の令月にして気淑(よ)く風和(やわら)ぎ 梅は鏡前(きょうぜん)の粉を披(ひら)き 蘭は珮後(はいご)の香を薫(かお)らす」からとった「令和」であるとして、素敵な元号だと感じました。

令月とは、「万事をなすのによい月。めでたい月」(広辞苑第7版から)のことです。ほかにも、「令」は、「令名」や「命令」等で使われています。出典からすれば、「令月」、「令名」の「令」の意味でしょうね。ただ、「命令」についても、BBCが「令和」を「order and harmony」と訳しているように、必ずしもネガティブなイメージに繋がらないように思えます。まあ、「order and harmony」が最も必要なのは、ブレグジットで揺れている英国の議会でしょう。ちなみに、チベット語で「希望」という意味の言葉ととても発音が似ているそうです。

「平成」が国の内外に平和を成すというメッセージがあったように、何らかの平和的、政治的メッセージが入るとも思えるところ、単に風情を示したものを出典としたところや、出典を中国古典ではなく万葉集であったこと(個人的に、万葉集は、いい選択だと思います。)、「昭和」の「和」をいれているところ、ローマ字で表記すれば「R」であること(これまで「R」は「令和」を除いて「霊亀」の一つのみ)などなど気になるところは多いですが、一番気になるところは、「昭和」(しょうわ)を、「しょーわ」と「う」を脱落させてよむ習慣がありますが、「令和」を、「れいわ」と「い」を脱落させずに読むのか、それとも「れーわ」と「い」を脱落させるのかという読み方のところですね。

令和時代を幸せに過ごせるように、ともかくは令和元年5月15日~に向けて頑張りたいと思います。

最後に、上記都合上につき、記事の内容について基本書の改訂等の情報を変更する必要が生じているところがありますが、しばらくは大規模な編集等は行う予定はありません。ご了承ください。

では、令和時代では、更新をもっとできることを祈りつつ、今後もよろしくお願いいたします。

コメント

非公開コメント

水刀

2017年4月、LSに入学しました。