おすすめの民法の基本書 - ほのぼのと司法試験に挑戦

おすすめの民法の基本書

基本書
08 /16 2017

 民法は、総則、物権、債権総論、各論、不法行為、家族法の科目が存在し、科目に分かれて若しくは分かれずに出版されています。すべて同じ執筆者の基本書を選択する人もいますが、現在のスタンダードは、それぞれの科目によって執筆者を変えることを厭わないです。大まかに言えば、総則物権を佐久間先生の基本書、債権を潮見先生の基本書、家族法はアルマSpecialized/リークエ/二宮先生のいすれかを選択するのが一番ポピュラーでしょう。
 民法を勉強するのが初めてという人は、目次から初心者用の為の民法書籍で当該箇所に飛んでください。


民法総則の基本書


物権の基本書



債権総論の基本書




債権各論の基本書


不法行為の基本書


家族法の基本書




民法の一冊本、シリーズ本





判例集


民法の演習書




民法の短答(マークシート)対策本





初心者用の為の民法書籍

 少し分量が多い本が欲しい人であれば、民法の一冊本、シリーズ本で紹介したリーガルベイシス民法入門をお勧めします。


コメント

非公開コメント

水刀

2017年4月、LSに入学しました。