2017年法科大学院全国統一適性試験の受験対策・2016年の感想 - ほのぼのと司法試験に挑戦

2017年法科大学院全国統一適性試験の受験対策・2016年の感想

法科大学院(LS)入試
03 /12 2017

 2016年に法科大学院入試(LS入試)を受けた人として、2017年以降にLS入試を受ける人に対して、法科大学院全国統一適性試験について受験感想などを語りたいと思います。なお、以下の情報は指摘がないかぎり2016年の情報をもとにしています。最新の情報については、各自で情報収集してください。

法科大学院全国統一適性試験とは

 法科大学院全国統一適性試験(以下、適性試験)とは、法科大学院入試の際に各学校を受験するために必須となる(※1)試験であり、建前上法曹としての能力を測るための試験となっています。試験の内容は、SPIのような論理力などを試すものであり、法律の知識は要求されません。過去問が公式HPに掲載されていますから、そこで、試験の内容を確認することができます。
 重要な点は、この適性試験の得点下位30パーセントについては、各法科大学院の受験をすることができなくなることです。そのため、適性試験の対策をしっかりとして、法科大学院の入試を受ける必要があります。
 なお、例年(2017年/平成29年も)適性試験は年2回開催されますが、受付期間(願書提出期間)が1回目の試験日の前に締め切るので、1回目の受験前に自分が何回受験するかを決定する必要があります。

※1:必須ではない学校があるかもしれませんが、私の知る限り必須です。

適性試験の難易度は?

 人によって得意不得意が激しいので一概に言えません。とはいえ、下位30%を免れることについては、油断せずに対策をすれば誰でもできるレベルです。各法科大学院入試において有利になることを目指している場合(上位30%、200点以上)であれば、人によっては対策をしても達成できないという人もいました。なお、東大LSであれば、公式発表はされていませんが、200点台は必要と考えられています。

過去問検討で得たこと―時間が足りない―

 過去問を時間を計って解いてみると実感できるのですが、悠長に問題を解いていると時間が足りません。そして、必死に問題を解いても時間が足りません。時間のコントロールが非常に難しい試験なので、時間を意識して過去問・予想問題集を解くことをおすすめします。

2016年の適性試験を実際に受けてみて

 私は2回受験しました。1回目は、時間のコントロールに失敗し、全問解くことができず、マークシートに適当にマークしたのが8個程度あったのですが、結果としては200点台を取ることができました。2回目は、時間のコントロールを意識して多少正答率を下げても全問解く意識で試験に臨んだのですが、やはり第2部(2章だったかな?)の問2で時間を取られてしまい、得点があまり伸びませんでした(一応伸びました。)。試験が終わった後で考えると、数問であれば捨て問を作ってもいいので、時間が掛かりそうな問題をスルーする能力を身につけるべきだったかもしれません。

 文章問題については、得意なジャンルであれば時間短縮・得点率上昇がみこめると感じました。また、試験戦略的に100%の正答率を追いかけるよりも、80%の正答率で全問解く方がよいと感じました。

 試験施設の雰囲気ですが、学校の友達と廊下で話している人がいるので、意外と緊張した空気ではありません。少なくとも、高校・大学入試のような緊張感は感じられませんでした。試験が2回あるということで気が緩んでいる人がそれなりにいたようです。なお、法学既習者試験も受験しているのですが、これと同じ雰囲気を私は感じました。

いつから適性試験を勉強すればいいのか

 過去問を解くことは今すぐにでも行うべきです。過去問が自分が得点したいところまで解けたのであれば、試験2週間前(予備試験短答試験日)から再度適性試験の勉強始めるのがベストだと思います。自分が望む得点ができないのであれば、しっかりと計画を立てて対策をすべきでしょう。私は、4月中旬に過去問を解き、予備試験短答試験終了後からしっかりと適性試験の対策をしました。

適性試験を何回受験すべきか

 2回受験できるのであれば、2回受験を選択した方が精神衛生上好ましいです。ただ、下位30%を避けることだけが目標であれば、1回受験でもいいような気がします。


2017年法科大学院全国統一適性試験について

 試験は、2017年6月 4日(日) と 2017年6月18日(日)に実施されます。受験をする人は、受取期間(3月~4月26日頃、第2回試験については3月~5月頃まで。※公式HPでしっかりと確認してください。)をすぎないように気をつけましょう。3月14日から受付を開始しているので、受験が決まっている人は申し込みをしましょう。

◆2017年法科大学院適性試験の関連書籍の紹介






コメント

非公開コメント

水刀

2017年4月、LSに入学しました。