基本書 - ほのぼのと司法試験に挑戦

デイリー六法2018 平成30年版

基本書
10 /24 2017

 デイリー六法の紹介です。

 収録されている法令は、一般的な携帯六法と同じであり、ポケット六法とほぼ同じです。一番の収録法令の違いは、ポケット六法では現行民法の扱いが低いですが、本書デイリー六法2018は、横に現行民法との対比がある改正民法と現行民法の両方を収録しています。

 また、準用規定がある条文については、条文本文中に準用先条文の見出しをかっこ書きで記載することをしているので、条文の理解が進みます。これを分かりやすいと捉えるか、ごちゃごちゃしていると捉えるかは、個人の好みでしょうね。

 あとは、角が丸くなっている(角丸製本・角丸加工)ことについても、ポケット六法と違います。何度も箱にしまうことを考えると、こういった製本はありがたいです。

 今年は、デイリー六法についても紹介した方がいいと思いましたので、紹介しました。ポケット六法から浮気するのもありかもしれませんよ。

【関連記事】
平成30年版 ポケット六法の紹介

【おすすめの基本書紹介の記事】
基本書 - 憲法(判例集も)
基本書 - 刑法
基本書 - 民法(演習書等も)
基本書 - 刑訴


----ブログ村のバナーのクリックをお願いします。
 にほんブログ村 資格ブログへ

スポンサーサイト



最新版 - 有斐閣判例六法 平成30年の発売

基本書
10 /17 2017


 有斐閣の判例六法が発売されました。

 既にご存知の人の方が多いと思いますが、 条文とその条文に関連する重要判例が収録された六法です。条文を引くついでに判例に出会うことができる点で優れた六法となっています。百選の番号を記載するなど他の教材とのリンクもなされていますし、非常に使い勝手がいいです。
 前年(平成29)度版についての判例六法の感想については、こちらから

 今年は、 新たに約200件の判例を追加するとともに、民法(債権関係)の大改正に対応した条文と判例、及び民法現行条文も収録しています。

 主要法令(憲法、民法、刑法)については文字が大きくなっていますが、民事訴訟法と刑事訴訟法についての文字の大きさは小さいので文字の大きさにこだわる人は、注意が必要でしょう。また、保険法の判例が削除されているなどの変更点についても、保険法の利用者にとっては、痛い変更でしょう。

 Amazonの評価を見る限り、低評価は文字の大きさによるものですが、それ以外については不満があるという人は見当たらないので、その点を重視しないのであれば、有斐閣判例六法の購入を検討することをおすすめします。

 ちなみに、姉妹本である「有斐閣判例六法Professional 平成30年版」の方は、2017年11月29日の発売予定です。

【おすすめの基本書紹介の記事】
基本書 - 刑法
基本書 - 民法
基本書 - 刑事訴訟法
基本書 - 憲法

【関連記事】
平成30年版 ポケット六法の紹介

----よければブログ村のバナーのクリックをお願いします。
 にほんブログ村 資格ブログへ

おすすめの民法の基本書

基本書
08 /16 2017

 民法は、総則、物権、債権総論、各論、不法行為、家族法の科目が存在し、科目に分かれて若しくは分かれずに出版されています。すべて同じ執筆者の基本書を選択する人もいますが、現在のスタンダードは、それぞれの科目によって執筆者を変えることを厭わないです。大まかに言えば、総則物権を佐久間先生の基本書、債権を潮見先生の基本書、家族法はアルマSpecialized/リークエ/二宮先生のいすれかを選択するのが一番ポピュラーでしょう。
 民法を勉強するのが初めてという人は、目次から初心者用の為の民法書籍で当該箇所に飛んでください。


民法総則の基本書


物権の基本書



債権総論の基本書




債権各論の基本書


不法行為の基本書


家族法の基本書




民法の一冊本、シリーズ本





判例集


民法の演習書




民法の短答(マークシート)対策本





初心者用の為の民法書籍

 少し分量が多い本が欲しい人であれば、民法の一冊本、シリーズ本で紹介したリーガルベイシス民法入門をお勧めします。


リーガルベイシス民法入門 第2版の紹介

基本書
08 /05 2017

 民法全域について一冊で解説を行っているリーガルベイシス民法入門の紹介です。「入門」と名前を付けているだけあって民法を学習したことがない人にお勧めする教科書です。
 民法の中核的な概念について詳しく説明し、一方上級者向けの論点については省略しているので、未学習者向けの民法の説明を詳しく受けることができます。一方、学習者であれば、悠長に感じる記述が多いと思うので、そういう方であれば、潮見先生の民法(全)をお勧めします。
 また、768ページと頁数が多いので、法学部に入学するまで時間があるという人向けで、入学後であれば指定の教科書・ノートを読み返した方がいい場合がほとんどでしょう。

リーガルベイシス民法入門の紹介のまとめ

 丁寧な説明が売りなので、高校生や法学部に入学する前に民法を勉強したいという人にお勧めします。



----よければブログ村のバナーのクリックをお願いします。
 にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ

刑事訴訟法判例百選 第10版の発売!

基本書
05 /13 2017

 刑事訴訟法判例百選の最新10版が発売されました。
 6年ぶりの改訂になります。GPS捜査が強制処分であること、GPS捜査が強制処分法定主義に服することなどを判示した最判平成29年3月15日を含めた判例が掲載されています。

 刑事訴訟法の勉強には判例の検討が必要不可欠であり、人によっては基本書なしで授業と判例百選のみで勉強をしている人もいるくらい、本書刑事訴訟法判例百選は重要な判例集です。

 前版の記事で書きましたが、刑訴判例百選を意識した試験問題が作られることはよく見られるところであり、司法試験受験生はもちろん、LS入試を受ける人にとっても必須の教材です。

 これから刑事訴訟法の勉強を始める人、勉強をしている人におすすめの一冊です。



水刀

2017年4月、LSに入学しました。