法学部 - ほのぼのと司法試験に挑戦

法学部入学前に法律の勉強をすべきか

法学部
03 /20 2017

 この記事は、「法学部入学前に英語などの勉強はしようと思うけれど、法律の勉強をする必要があるのだろうか。」という疑問に答える記事を目指しています。

 大学入学前に英語の勉強をする人は多いと思います。英語学習は、大学の英語の授業や就職のときに備える意味で役に立つことです。一方、専門科目である法律系の科目については勉強する必要があるのか。また、勉強するとしてもどうやって勉強すればいいのかについて、疑問・不安に思っている人も多いと思いますので、法学部入学前に法律の勉強をすべきかについて語りたいと思います。


法学部を卒業することだけを考えれば

 法学部に入学する人のほとんどが事前に法律の勉強をしていないので、平凡に単位を取り、卒業することだけを考えれば、事前に法律の勉強をする必要はありません。

それでも、法学部入学前の法律勉強をおすすめする理由

 まず、平凡に卒業するだけでは満足できない人―言い換えれば、法律の勉強をして、公務員試験、行政書士・司法書士試験、司法試験などに挑戦したいと考えている人―であれば、事前に法律の勉強をするメリットが大きいです。特に難関である人気が高い公務員試験、司法書士試験、司法試験に興味があるのであれば、勉強を開始すべきでしょう。

 次に、各大学にもよりますが、条文の読み方すら教えずに、それを当然知っているものとして授業をする教授も(淘汰されてきていますが)存在するので、法律の基礎を習得しておく方が安全であるためです。

 最後に、現在では、法律学習の初心者に対する書籍が増えていますので、法学部入学前に勉強を開始することが容易になっていることもおすすめする理由です。

では、どのように勉強をすればいいのでしょうか。

 法律の条文の読み方など法律の基礎についての解説本を使いつつ、一般的な大学の法学部1年生で必修科目となる「憲法」、「民法」、「刑法」の入門書を用いて勉強することをおすすめします。これらの入門書を読むだけで勉強になるはずです。
 おすすめの入門書については、法学部入学前に読んで欲しい本10選 で紹介しているので、もしよければご覧ください。


「法学部入学前に法律の勉強をすべきか」についてのまとめ

 卒業や単位取得だけを考えれば法律の勉強を開始する必要はありませんが、もし、法律をしっかりと勉強する理由があれば法学部入学前から勉強を開始した方がいいでしょう。





スポンサーサイト



「日本一やさしい条文・判例の教科書」の紹介・感想

法学部
03 /18 2017

 初めて法律を勉強する人におすすめ書籍!

 条文・判例は法律の勉強に必要不可欠なものですが、本書は、これに特化し解説をしています。表紙のイメージとは異なり、条文・判例に関する解説をしっかりとしているので、分かりやすく・正確に理解することができます。

 読者を引き込むような文章よりも、わかりやすさ・正確さを追求しているので、「法律の勉強をしっかりとしたい」というやる気のある人におすすめする一冊です。


 ←法学部入学前に読んで欲しい本10選に戻る。

◆おすすめの記事
マークシート用鉛筆の紹介

法学部入学前に読んで欲しい本10選
 法律学習をまだしたことのない人におすすめの記事です。

憲法基本書紹介
 2017年2月8日から公開した記事です。初学者用の憲法基本書についても紹介しています。

1000円以下のスマホ対応手袋の紹介
 冬の寒い時期に合う記事です。ぜひご覧ください。

憲法基本書紹介
 2017年2月8日から公開した記事です。初学者用の憲法基本書についても紹介しています。

著作権判例百選が著作権侵害を主張され出版差止めを受けたが、逆転勝訴で著作権判例百選が出版される。
 有名な事件についての解説です。

トランプが当選したのはなぜなのか、英国EU離脱国民投票から考える。
 政治に興味があれば、覗いていってくれると嬉しいです。



法学部入学前に読んで欲しい本10選

法学部
02 /16 2017
 法学部生が法律科目で中心的に勉強するのは、憲法、民法、商法、民事訴訟法、刑法、刑事訴訟法の6つの法律であり、これら6つが「六法」と呼ばれています。一般的には、大学1年目で、憲法・民法・刑法を必修科目として勉強します。
 そこで、条文の読み方など法律の勉強の仕方などを解説する本や憲法・民法・刑法についての本などを紹介します。


【1】法学部入学前に法律の勉強をしたい人におすすめ
 伊藤塾が出している法学入門本!
 法律を勉強するのに必要な基礎の基礎について書かれた書籍です。補訂前の伊藤真の法学入門 講義再現版の評価は非常に高く、法律をしっかりと学びたい人におすすめする一冊です。


【2】法学部入学後も使える法律勉強の入門書
 民法学者が法律を学び始める学生を念頭にして作った書籍です。法律の勉強に必要な基礎の基礎について書かれています。どちらかといえば、資格試験などよりも、単位取得を念頭にした人におすすめします。なお、【1】【2】は、どちらかを購入すれば足ります。


【3】法学部入学前に読んで欲しい憲法解説書
 法学部の入学前の予習として最適な本です。通説的な見解から、憲法において押さえるべき事柄をしっかりと説明しているので、安心して初心者に勧めることができます。
 これまで社会科(政治経済)で憲法について勉強してきたと思いますが、大学で勉強する憲法は段違いに深い学問ですので、舐めずに予習することをおすすめします。
 少々マイナーなため、入手しづらいのが玉に瑕です。


【3-1】入手しやすい大学生用の憲法入門書
 【1】で紹介した伊藤塾から出されている新大学生向けの憲法入門書です。非常に有名な本であり、王道を行きたいという人であれば、こちらの本をお勧めします。2017年の発売であり、最近の情報を前提にできる点についても評価が高いです。前版の評価はもちろん高く、おすすめの書籍です。


【4】法学部入学前に読んで欲しい刑法解説本~その1
 【1】と同じシリーズの刑法版です。こちらも非常に評価が高い一冊で、刑法の全体像をしっかりと把握することができます。前版ですが、伊藤真の刑法入門の感想はこちらから


【5】法学部入学前に読んで欲しい刑法解説本~その2
 井田 良先生の入門刑法学・総論です。【4】よりも一歩進んだ刑法を学びたい人におすすめする一冊です。こちらも評価が高い一冊となっています。



【6】法学部入学前に読んで欲しい民法解説本
 【1】【4】と同じシリーズの民法版です。民法全体をかいつまんでうまく解説しています。最初の一冊におすすめする書籍です。


【7】弁護士に興味がある人におすすめ
 【6】よりも実際の社会において民法がどのように役に立っているのかについて知りながら、勉強することができ、勉強意欲が出てくる一冊でしょう。886円(2017年2月14日)と比較的お安いのもおすすめ。282ページ。


【8】初心者用の民法本に満足できない人におすすめ
 これまでの民法の書籍で、一番詳しい本です。しっかりと民法を勉強したい人におすすめします。詳しくは、リーガルベイシス民法入門 第2版の紹介の記事をご覧ください。


外国語は、ドイツ語?フランス語?中国語?

 正直、どれを選んでも大差ありません。ほとんどの人が、第一外国語である英語ですらしゃべることができないので、第二外国語なんて…、といったところです。好きな国・言語を選べばいいでしょう。

【9の1】ドイツ語選択の人へ
 ドイツ語入門で最も人気が高い本です。



【9の2】フランス語選択の人へ
 Amazonでベストセラー1位(2017年10月15日現在)を獲得するほど人気のフランス語の教材です。おすすめします。


【10】公務員試験に興味がある法学部入学者におすすめ!
 大学入学前に公務員試験対策を始めるのは早いと感じるかもしれませんが、公務員になると決めている人であれば、公務員試験について具体的なイメージを持っておくために、情報収集をすることをおすすめします。


 ★まとめ★
 法学部に入学した後で、授業が分からないと感じる人は多いです。入学後に周りに遅れないように、法学部に入学する前にしっかりと準備しておくことが、充実した大学生活を送るための秘訣です。

◆おすすめの記事
憲法の基本書
刑法の基本書

お風呂でスマホを使う方法


2017年8月7日 【10】を新版に更新した。

法学部の試験対策【参考書 山勘】

法学部
01 /14 2017

 はじめに

 法学部生に対して、単位取得の際に役に立つと思う情報を記事にして公開しようと思います。参考書の紹介をメインにしますが、一応、山を張る場所についても書いています。

【1】憲法
 山を張るなら、人権であれば、前期は私人間効力について、後期は二重の基準について張るべきでしょう。両者とも重要な概念ですので、これを知らずに憲法の試験に挑むのは危険です。統治については、満遍なく出題されることが多いので、山を張ることは困難です。
 以下、試験対策に有用と思う参考書、基本書の紹介です。



【2】刑法
(1)総論

 司法協会の刑法総論講義案をお勧めします。この基本書については、記事を書いているので、そちらもご覧ください。(刑法総論講義案の紹介

(2)各論
 各論について、山勘をするならば、財産犯のところです。もし、財産犯が出題範囲でなければ、放火罪、公務執行妨害罪が出題される可能性が高いです。次点としては、名誉毀損罪、殺人罪と自殺関与罪の区別といったところでしょう。


【3】民法
(1)総論
ア、前期

 前期であれば、制限行為能力者制度、失踪宣告、意思能力に関する民法93条~96条のところがテスト範囲になると思います。どれが出題されるのか、それとも全般的に出題されるのかについて、山を張るのは難しいので、過去問を使って対策をするか、全般的に勉強する以外にありません。
イ、後期
 後期は、代理、時効が主要な範囲であると思われますが、論文(記述式)であれば、大抵、代理が出題されることが多いので、代理(有権代理、無権代理、表見代理)について詳しく勉強しましょう。というのも、時効は論文形式で出題することが難しいため、代理が出題される可能性が高いのです。
ウ、お勧めの参考書

(2)物権
ア、前期
 民法177条について聞かれる可能性が高いです。民法の中で一番重要といってもよく、試験に出題しやすいことからも山を張るなら177条です。他には、善意取得≧物権的請求権>共有>占有の概念が順に試験対策上重要となります。
イ、後期(担保物権)
 抵当権が一番試験に出ます。先取特権、質権などの勉強も重要ですが、まず抵当権を理解しましょう。一般的に言えば、論文(記述式)試験対策上重要なのは、抵当権>>>譲渡担保>質権>先取特権>留置権>その他と思います。
 なお、抵当権だけでも相当広い範囲ですから、なるべく早く勉強することをお勧めします。

(3)債権総論、各論以下については、そのうち追記します。

 

 おわりに

 当然のことですが、できる限りテストの情報を集めることが一番重要です。マークシートか論文かで対策の方法も異なりますし、過去問などから問題を推測することができる場合があるからです。また、一番いい教材が、授業のノート、レジュメであることも非常に多いです。
 とはいえ、ノート、レジュメ、指定された教科書を見直しても分からない場合で、参考書を探している人もいると思いますので、そういった人にとって役に立つ記事になっていれば嬉しいです。
 なお、テスト対策について、何らかの質問等があれば、テストの内容を含めて、コメントで質問も受け付けています。お気軽にどうぞ。

使わなくなった教科書等の処分について

法学部
10 /28 2016

 大学で勉強していると使わなくなる専門書が出てきます。

 興味がないけれど単位のために取った教養科目の教科書、古くなった六法、択一問題集、合格した行政書士、司法書士試験対策の参考書など、使わずに放置されている本は、多いです。できれば、どこかに売ってしまいたいと考える人は多いと思います。このような専門書の買取に特化した会社がありますので、大手のみならず色々なサイトを見ていただきたいです。

 私がお勧めするのは、大学教科書・専門書・医学書の買取サイト「専門書アカデミー」です。

 法律書を含めて最低買取価格を定めている本が多数存在し、売却する本が多ければ送料が無料になる等の多彩なキャンペーンがあります。ぜひ、公式HPでご確認ください。

 公式HPは、下のバナーをクリックすると開きます。

水刀

2017年4月、LSに入学しました。