LS入試 - ほのぼのと司法試験に挑戦

2017年法科大学院全国統一適性試験の受験対策・2016年の感想

法科大学院(LS)入試
03 /12 2017

 2016年に法科大学院入試(LS入試)を受けた人として、2017年以降にLS入試を受ける人に対して、法科大学院全国統一適性試験について受験感想などを語りたいと思います。なお、以下の情報は指摘がないかぎり2016年の情報をもとにしています。最新の情報については、各自で情報収集してください。

法科大学院全国統一適性試験とは

 法科大学院全国統一適性試験(以下、適性試験)とは、法科大学院入試の際に各学校を受験するために必須となる(※1)試験であり、建前上法曹としての能力を測るための試験となっています。試験の内容は、SPIのような論理力などを試すものであり、法律の知識は要求されません。過去問が公式HPに掲載されていますから、そこで、試験の内容を確認することができます。
 重要な点は、この適性試験の得点下位30パーセントについては、各法科大学院の受験をすることができなくなることです。そのため、適性試験の対策をしっかりとして、法科大学院の入試を受ける必要があります。
 なお、例年(2017年/平成29年も)適性試験は年2回開催されますが、受付期間(願書提出期間)が1回目の試験日の前に締め切るので、1回目の受験前に自分が何回受験するかを決定する必要があります。

※1:必須ではない学校があるかもしれませんが、私の知る限り必須です。

適性試験の難易度は?

 人によって得意不得意が激しいので一概に言えません。とはいえ、下位30%を免れることについては、油断せずに対策をすれば誰でもできるレベルです。各法科大学院入試において有利になることを目指している場合(上位30%、200点以上)であれば、人によっては対策をしても達成できないという人もいました。なお、東大LSであれば、公式発表はされていませんが、200点台は必要と考えられています。

過去問検討で得たこと―時間が足りない―

 過去問を時間を計って解いてみると実感できるのですが、悠長に問題を解いていると時間が足りません。そして、必死に問題を解いても時間が足りません。時間のコントロールが非常に難しい試験なので、時間を意識して過去問・予想問題集を解くことをおすすめします。

2016年の適性試験を実際に受けてみて

 私は2回受験しました。1回目は、時間のコントロールに失敗し、全問解くことができず、マークシートに適当にマークしたのが8個程度あったのですが、結果としては200点台を取ることができました。2回目は、時間のコントロールを意識して多少正答率を下げても全問解く意識で試験に臨んだのですが、やはり第2部(2章だったかな?)の問2で時間を取られてしまい、得点があまり伸びませんでした(一応伸びました。)。試験が終わった後で考えると、数問であれば捨て問を作ってもいいので、時間が掛かりそうな問題をスルーする能力を身につけるべきだったかもしれません。

 文章問題については、得意なジャンルであれば時間短縮・得点率上昇がみこめると感じました。また、試験戦略的に100%の正答率を追いかけるよりも、80%の正答率で全問解く方がよいと感じました。

 試験施設の雰囲気ですが、学校の友達と廊下で話している人がいるので、意外と緊張した空気ではありません。少なくとも、高校・大学入試のような緊張感は感じられませんでした。試験が2回あるということで気が緩んでいる人がそれなりにいたようです。なお、法学既習者試験も受験しているのですが、これと同じ雰囲気を私は感じました。

いつから適性試験を勉強すればいいのか

 過去問を解くことは今すぐにでも行うべきです。過去問が自分が得点したいところまで解けたのであれば、試験2週間前(予備試験短答試験日)から再度適性試験の勉強始めるのがベストだと思います。自分が望む得点ができないのであれば、しっかりと計画を立てて対策をすべきでしょう。私は、4月中旬に過去問を解き、予備試験短答試験終了後からしっかりと適性試験の対策をしました。

適性試験を何回受験すべきか

 2回受験できるのであれば、2回受験を選択した方が精神衛生上好ましいです。ただ、下位30%を避けることだけが目標であれば、1回受験でもいいような気がします。


2017年法科大学院全国統一適性試験について

 試験は、2017年6月 4日(日) と 2017年6月18日(日)に実施されます。受験をする人は、受取期間(3月~4月26日頃、第2回試験については3月~5月頃まで。※公式HPでしっかりと確認してください。)をすぎないように気をつけましょう。3月14日から受付を開始しているので、受験が決まっている人は申し込みをしましょう。

◆2017年法科大学院適性試験の関連書籍の紹介






スポンサーサイト



重要判例で作られた民事訴訟法論証集に興味ありませんか。【受験新報】

基本書
02 /12 2017

 重要判例で作る民事訴訟法論証集が掲載されている受験新報の2017年 02 月号が発売されました。
 受験新報は、毎月演習教室で司法試験、予備試験対策の問題と解説を掲載しています。旧司法試験の問題を中心に扱っていますが、一行問題ではなく現行司法試験に似た問題が出題され、学者が当該問題について解説を行っています。問題を見ていくと、LS入試問題を思い出したので、LS入試を控えている人におすすめです。
 さらに、受験新報 2017年 02 月号では、特集として、重要判例で作る民事訴訟法論証集が掲載され、全部で118個の論証集を見ることができます。こちらは、広く司法試験受験生にお勧めできるので、これのために受験新報2月号を買ってもいいと思います。
 ちなみに、論文答案の書き方講座は民事訴訟法の複雑訴訟を、憲法 論文の流儀は職業選択の自由を扱っています。

 重要判例で作る民事訴訟法論証集が掲載された受験新報の2017年02 月号は、買ってよかったと思った法学雑誌でした。気になる人は、下記リンクからご検討ください。




2016(平成28)年東京大学ロースクール 受験感想

法科大学院(LS)入試
11 /20 2016


 2016(平成28)年11月20日東京大学法科大学院(以下、東大LS)の受験をしてきました。その感想です。以下、平成28年度の受験体験になりますので、今度変更になる可能性があります。受験の際には、当該年度の資料をご確認ください。

 当日の受験場の天気は、雨でしたので、非常に寒かったです。電車も混んでいて化粧水の塊のような人もいたので大変でした。

 私が受験したのは、既習者試験です。未修者試験と同日開催ですので、どちらかしか受験できません。出願の地点でどちらを受験するか決定する必要があります。

 試験は、民事系(民法、商法、民事訴訟法)、刑事系(刑法、刑事訴訟法)、公法系(憲法、行政法)で分けられ、3教科それぞれ70分の試験時間となっています。全て論文形式で六法が貸与されます。貸与されたのは、ポケット六法 平成29年版です。試験は、この順番で行われましたが、毎年受験科目の順番は変更になっているような気がします。

 論文解答用紙は、1枚配られ、1行30マスで表面40行、裏面40行です。解答用紙は1枚で、民事系でいえば民法、商法、民事訴訟法のすべての解答をします。油断していると、解答用紙が足りなくなるので、その点を考慮する必要があります。特に、刑法について、細分化して答案を書く癖がある人は、注意が必要です。

 下書き用紙なるものが配られましたが、私は使っていませんし、使う暇なないでしょう。下書き用紙は回収しないので、メモ用紙や図を描くために使用してもいいでしょう。とはいえ、問題冊子に十分な余白があるので、私は、下書き用紙を全く使いませんでした。

 特に民事系は、1教科を20分強で解く必要があるので、時間管理が非常にシビアです。また、過去には手形法も出題されたことがあるらしいので、民事系は鬼門となっています。ただ、今年はそこまで時間的に難しいと感じませんでした。今年の内容は、物権、合併、二重起訴禁止です。

 今年の刑事系は、自招侵害と誤想過剰防衛を組み合わせた刑法と、刑事訴訟法328条の問題で、刑事訴訟法判例百選 第9版のNO.90事件と関連した刑訴の問題でした。

 今年の公法は、地方自治について広く問う問題で、受験生は面食らっていたと思います。今年は、憲法、行政法とはっきりと区別できる問題ではなかったと思います。

 なお、東大の過去問はHP等で公開されず、過去問を販売しているので、いまのところ、これ以上問題について詳しく書くつもりはありません。憲法については、著作権性が肯定しづらいですが、それも含めて。


 他の受験生についてきょろきょろと観察すると、試験前、伊藤塾の論文ナビゲートテキスト(私は持っていないので、正式な呼び名は知りませんが、おそらく正しいと思います。)や、辰巳の趣旨・規範ハンドブック を見ている人が多かったです。意外だったのは、判例百選を試験前に読んでいる人がぼちぼちいたことですね。周りの人が使っているペンは、大抵の人がジェットストリーム でした。


 訴訟法については、後悔が残る試験でした。落ちるとしたら、ここが致命傷になっていると思います。公法は、ほとんどの受験生ができていなかったと思うので、ここでは差が付かないでしょう。ただ、他の受験生次第では、差をつけることができる問題だったので、できれば加点が欲しいです。住民自治、団体自治に触れたことがどこまで評価されるのかが、勝敗を分けると思います。

【関連記事】
2017年(平成29年)法科大学院入試についての概論
2017年法科大学院全国統一適性試験の受験対策・2016年の感想
刑事訴訟法判例百選 第9版 の紹介 (感想 評価)

【おすすめの記事】
速報 | GPS捜査に関する最高裁判決の全文 - 最判平成29年3月15日


東京大学LS 第一段階選抜試験(書類)の結果

日記、雑談
11 /10 2016

 東大のLSの書類審査で、合格することができました。

 私は適性、成績、TOEICすべての成績が良いわけというわけではなく、この内一つは壊滅的に酷かったのですが、書類を通過できてよかったです。

 11月19日に筆記試験があるので、勉強しようと思います。(=゚ω゚)ノ。

 
 よければ、下記バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村


司法試験 ブログランキングへ






司法試験で使っているボールペン

筆記具、文房具
10 /15 2016

 司法試験、法科大学院入試の論文試験において、ボールペン等の消せないペンで書くよう要求されることがある。色々なペンが巷には存在するが、一番メジャーなもので、私が愛用しているペンを紹介したい。

 それは、uniが出しているジェットストリームというボールペンである。


 非常になめらかな書き心地で、まだジェットストリームを体験していない人は、ぜひ試していただきたい。本当に、他のペンでは体験できない書き心地です。また、速乾性も優れているため、文字のかすれも少なく、試験等でも使いやすいです。

 私は、試験において、この太さが異なる上記2本のペンを常備しています。他にも、色々と種類があるので、検討してみてください。



 普段使いとしては、 多機能ペン ジェットストリーム 4&1 を使っています。これがあれば、筆箱を使う必要すらなくなります。




水刀

2017年4月、LSに入学しました。