運営 - ほのぼのと司法試験に挑戦

【行為無価値の刑法の基本書、改正刑事訴訟法90条】一部記事の内容変更!

日記、雑談
02 /11 2017

 記事を投稿してから内容を微調整したものは多いのですが、記事内容の大きな部分を追加、変更をした記事があるので、記事の宣伝としてお知らせしたいと思います。また、見ていない人はもちろん、以前見たことがある記事でも内容が追加されていると思うので、ぜひご覧ください。

【行為無価値】刑法の基本書紹介

 これまで4つの刑法の基本書を紹介してきたのですが、新たにもう一つ基本書を追加して5つの基本書を紹介しました。
 ⇒行為無価値の刑法基本書の記事はこちらから。

刑事訴訟法改正90条について

 刑事訴訟法改正90条について、簡単な解説を付けたので、90条が改正されたことを知らない人も、以前この記事を見たことがある人も、ぜひ覗いていってください。
 ⇒刑訴90条の記事はこちらから。


 他にも、微調整をした記事として、家族法(窪田 充見)第2版の紹介(感想 評価)があるので、そちらもご覧いただきたいです。

 また、新しくアンケートを実施したので、できれば回答していただけると嬉しいです。

スポンサーサイト



【運営日記】月間7000PV達成

日記、雑談
02 /04 2017

 このブログを始めて約4ヶ月目で、ようやく月間7000PVを達成することができました。正確には7431PVで、先月は約5000PVでしたから、2500PVの上昇です。順調にアクセス数、ページビュー数が増加していてよかったです。
 沢山の人に色々な記事を見てもらえたという証拠であり、これからもほのぼのとがんばっていきますので、よろしくお願いします。

 1月に一番見られた記事は、会社法 田中亘の紹介(感想 評価)、二番目は、【行為無価値】刑法の基本書紹介です。どちらもコンスタントに見られている記事であり、ロングビュー記事となっています。法学部など法律に触れている人におすすめの記事です。

 三番目は、行政書士試験合格発表を受けてという記事で、1月31日に公開し、たった1日で、3番目にランキングするほどの人気が出た記事です。行政書士に興味がある人は覗いていってください。

 四番目、五番目は、2016(平成28)年東京大学ロースクール 受験感想2017年(平成29年)法科大学院入試についての概論です。法科大学院(LS)入試に関する記事がランキングしました。新年になったので、LS入試について情報を集めたい人が増加したために、人気が出てきたのでしょう。LS入試を検討している人におすすめします。

 以上の記事は、1ヶ月で100回以上見られた記事です。

 他の分野の人気記事は、2000円以下のキーストロークが浅いおすすめのキーボードの紹介や、使っているボールペンが良く見られています。法律に興味がない人にもお勧めの記事です。

 アクセスの仕方としては、検索サイト(google、yahoo)からのアクセスが多く、ブログランキング ブログ村からのアクセスが次点となっています。

 法律に興味がある人は、ブログ村 司法試験ブログ村 行政書士試験を覗いてみてください。他の人がいい記事を書いていますので。

 では、失礼します。

【日記】記事の数が100個を突破

日記、雑談
12 /30 2016

 ついに、投稿した記事の数が100個を超えました。これからもほのぼのと運営していくので、よろしくお願いします。

 もしよろしければ、まだ見ていない記事を見ていただけると嬉しいです。

◆紹介記事
マークシート用鉛筆の紹介

強制処分の論証

2000円以下のキーストロークが浅いおすすめのキーボードの紹介

◆アンケートのお願い。


----よければブログ村のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ

リンク、引用、評論について

当ブログ運営について(運営方針)
10 /26 2016

【1】リンクについて

 当サイトの全ての記事について、リンクは自由に行ってもらって構いません。
 もちろん、許可を求める必要はありません。

 できれば、リンクをつけたとき、当該記事のコメント欄に、引用したサイトの名前と引用した旨のコメントをいただけるとサイト運営の励みになりますので、知らせていただけると嬉しいです。(引用したサイトのURLは記載しないでください。)
 もちろん、コメントをせずに、リンクをつけて構いません。

【2】引用について

 著作権に反しない方法での、引用については、自由に行ってもらって構いません。
 *記事の全てのコピー等は、引用にあたらず、著作権違反となります。(全ての記事のコピーでなければ、引用として許されるという意味ではありません。10パーセントの引用であっても、著作権違反となる場合があります。)。気になる場合は、当該記事で、コメントをしてください。

 また、引用においては、当サイトから引用したことを明記してください。インターネット上での引用であれば、URLを必ずつけて引用してください。

 引用サイト(すなわち当サイトの名前)、記事のタイトル、URL、引用した日時を、明記していただくようお願いします。

【3】記事の評論

 記事についての感想、評論、ダメだし等を禁止しているサイトも多いですが、現状(2016年10月21日現在、改定をした場合には、この記事の内容を変更します。)においては、自由に行ってもらって構いません。

 ただし、評論に際しては、引用のルールと同様に、引用サイト(すなわち当サイトの名前)、記事のタイトル、URL、引用した日時を、明記していただくようお願いします。

 また、評論の域を出る誹謗中傷については、そもそも評論ではなく名誉権の侵害となる違法行為です。誹謗中傷はしないようお願いします。


以上

-当ブログ運営に関する他の記事-
コメントについて




コメントについて

当ブログ運営について(運営方針)
10 /11 2016

 コメントに関する方針、コメントの反映について

 コメントの方法については、こちらから。

■コメントに関する方針、反映
 当ブログは、「気軽にコメントをしていただきたい。」というスタンスで運営をしています。

 一行でも、また、記事に対する簡単な感想でも、いただけると嬉しいので、もしよければコメントをお願いします。
 記事に関連する質問については、回答ができない場合があると思いますが、これもまたぜひコメントしていただきたいです。

 コメントの反映につきましては、コメントの表示をブログ運営者が適切であると考え、承認したコメントのみが表示されるシステムとなっていますので、反映については時間がかかります。(2週間以上承認がない場合、及びできるだけ早く返信がほしい場合は、この記事のコメント欄にその旨を書き込んでください。最低でも3日は、待っていただけるようお願いします。)。
 これは、下記ルールに反するコメントが行われたときの対策のためです。ご理解をお願いします。

 コメントの著作権については、著作権の主張がない限り、当ブログの運営者に帰属するものと考えています。また、コメントを受けて何らかの記事を書くことがあるかもしれません。それを望まない場合には、コメントでその旨を書いていただけるようお願いします。(前者のみの主張の場合は、コメントを受けて記事を作成する場合がございます。)

 最後に、下記の基本的なルールは守っていただけるよう、お願いいたします。

 記

(1) 法令及び公序良俗に反するコメント、また、当ブログは、fc2のブログ機能を利用して運営しているので、fc2に迷惑になるコメントは、禁止します。

(2) 加えて、最低限のマナーを守ったコメントをお願いします。
 たとえば、法律カテゴリーにおいて、「ここが間違っている」だけを指摘するコメントは、現実においての友達との会話ではありえないものです。間違っている理由もコメントするのが一般的だと考えていますので、このような現実において行わないような行為(コメント)は、控えていただけるようにお願いいたします。また、当ブログ運営者の精神状態をいたずらに悪化させるようなコメントもお断りします。

(3) 記事と関係がないコメント
 なお、当ブログへの何らかの提案等、どこへコメントをすればいいのか不明な場合は、この記事のコメントでお願いします。

(4) 何らかのURLが入っているコメント
 SEO対策です。なお、URLが入っていても、nofollowタグをつければ、問題がないと考えているので、URLが付いたコメントについては、別の記事本文にて、紹介することがあります。

(5) その他、他ブログの宣伝目的、当ブログへの攻撃目的等のもの

(6) 個人情報が書かれたコメント

(7) アニメカテゴリー等で、ネタバレを書く行為

 記 以上

 
 上記ルールについて、お願いするとともに、「気軽にコメントをしていただきたい。」というスタンスで運営していますので、気軽にコメントしていただければ嬉しい限りです。

一つ前のページへ戻る
 
 なお、このコメントについての当記事については、単なる意思の伝達に限られないものが含まれていますので、記事の一部は著作権性を有するものです。他のブログで勝手にコピーして使わないよう、お願いします。


コメントの方法について
 記事内の一番左下にある「Comment - 」という部分をクリックすることにより、コメント画面が開きます。既に開いている場合は、そのままコメントしていただいて構いませんん。コメント画面で、本文中にコメントを書き込み、送信ボタンを押してください。

一つ前のページへ戻る

水刀

2017年4月、LSに入学しました。