民法 - ほのぼのと司法試験に挑戦

約一か月ぶりの更新と相殺に関する簡単なまとめ

日記、雑談
04 /24 2018
 1か月ぶりの更新です。
 ブログ主としては、Better Ads Standardsというgoogleの発表などを今日知るに至ったりと、ブロガーとして非常に未熟ですが、4月(いや、もしかしたら1年中)忙しいので、気長に更新を待っていて欲しいと思います(更新を楽しみにしている人がいろか疑問ですが、ポジティブに考えておきます。fc2の社会科学ブログカテゴリーで、アクセスランキングベスト20位に大抵入っているので、少しは自信を持ってもいいかなと思っています。)。

 まあ、忙しいとはいっても、ルパンのpart5などを見たりと、ほのぼのとした生活時間も確保しているような気がします。

 さて、本題ですが、相殺の判例の簡単なまとめです。短答用のふしがありますから、専ら自分の知識が足りていないところが中心となってしまっています。基本的なところ及び自分が知っているところは、他のブログや基本書に譲りたいと思います。なお、基本的なコンセプトとしては、民法と民事訴訟法にまたがっている相殺の判例を、1つの記事としたら面白そうだというものです。

(1)不法行為債権を自働債権とする相殺
 S49.6.28/S54.9.7によって、否定されています。現実の補償をなす必要があるので、たとえ両債権が不法行為債権であったとしても、相殺は許されないと判断しています。ただし、これを批判する学説も有力です。

(2)使用者責任を自働債権とする相殺
 これも不法行為債権であるので、相殺は否定されます(S32.4.30)

(3)相殺と時効
 H25.2.28は、過払い金関連の訴訟ですが、相殺に関する一般的な判決として理解されています。
 (i) 既に弁済期にある自働債権と弁済期の定めのある受働債権とが相殺適状にあるというためには,受働債権につき,期限の利益を放棄することができるというだけではなく,期限の利益の放棄又は喪失等により,その弁済期が現実に到来していることを要する。(文理解釈とが既に享受した期限の利益を自ら遡及的に消滅させるのは相当ではないから)。
 (ii) 当事者の相殺に対する期待を保護するという民法508条の趣旨に照らせば,時効によって消滅した債権を自働債権とする相殺をするためには,(消滅時効が援用された)自働債権は,その消滅時効期間が経過する以前に受働債権と相殺適状にあったことを要する。

(4)一部請求と相殺(外形説)
 有名な外形説を判示したH6.11.22判決です。
(i) 特定の金銭債権の一部を請求する訴訟において相殺の抗弁が理由がある場合には、当該債権の総額を確定し、その額から自働債権の額を控除した残存額を算定した上、請求額が残存額の範囲内であるときは請求の全額を、残存額を超えるときは残存額の限度でこれを認容すべきである。
(ii) 特定の金銭債権の一部を請求する訴訟において相殺のため主張された自働債権の存否の判断は、右金銭債権の総額から一部請求の額を控除した残額部分に対応する範囲については既報力を生じない。

(4―1)一部請求と相殺(二重起訴の問題)
 H10.6.30の判決です。
 一個の債権の一部についてのみ判決を求める旨を明示して訴えを提起している場合において、当該債権の残部を自働債権として他の訴訟において相殺の抗弁を主張することは、債権の分割行使をすることが訴訟上の権利の濫用に当たるなど特段の事情の存しない限り、許される。


相殺について、おわりに

 S45.6.24の相殺と差押といった有名な判決やH10.4.30の相殺の抗弁に対する相殺の再抗弁の否定という判決もありますし、基本書等に譲ったところもあるかと思いますが、皆さんの知識の確認に役立ったなら嬉しい限りです。


スポンサーサイト



おすすめの民法の基本書

基本書
08 /16 2017

 民法は、総則、物権、債権総論、各論、不法行為、家族法の科目が存在し、科目に分かれて若しくは分かれずに出版されています。すべて同じ執筆者の基本書を選択する人もいますが、現在のスタンダードは、それぞれの科目によって執筆者を変えることを厭わないです。大まかに言えば、総則物権を佐久間先生の基本書、債権を潮見先生の基本書、家族法はアルマSpecialized/リークエ/二宮先生のいすれかを選択するのが一番ポピュラーでしょう。
 民法を勉強するのが初めてという人は、目次から初心者用の為の民法書籍で当該箇所に飛んでください。


民法総則の基本書


物権の基本書



債権総論の基本書




債権各論の基本書


不法行為の基本書


家族法の基本書




民法の一冊本、シリーズ本





判例集


民法の演習書




民法の短答(マークシート)対策本





初心者用の為の民法書籍

 少し分量が多い本が欲しい人であれば、民法の一冊本、シリーズ本で紹介したリーガルベイシス民法入門をお勧めします。


リーガルベイシス民法入門 第2版の紹介

基本書
08 /05 2017

 民法全域について一冊で解説を行っているリーガルベイシス民法入門の紹介です。「入門」と名前を付けているだけあって民法を学習したことがない人にお勧めする教科書です。
 民法の中核的な概念について詳しく説明し、一方上級者向けの論点については省略しているので、未学習者向けの民法の説明を詳しく受けることができます。一方、学習者であれば、悠長に感じる記述が多いと思うので、そういう方であれば、潮見先生の民法(全)をお勧めします。
 また、768ページと頁数が多いので、法学部に入学するまで時間があるという人向けで、入学後であれば指定の教科書・ノートを読み返した方がいい場合がほとんどでしょう。

リーガルベイシス民法入門の紹介のまとめ

 丁寧な説明が売りなので、高校生や法学部に入学する前に民法を勉強したいという人にお勧めします。



----よければブログ村のバナーのクリックをお願いします。
 にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ

民法6 親族・相続 第4版 (LEGAL QUEST)

基本書
03 /14 2017

 リークエ家族法の最新版が、2017年3月18日に発売される予定です。

 LEGAL QUEST(リークエ)は、会社法 第3版 (LEGAL QUEST)を始めとして、基本七科目の基本書として高い評価を受けているシリーズであり、会社法に次いで家族法のリークエは基本書として評判がいいです。

 家族法の基本書としては、家族法(窪田 充見)などもありますが、本書「民法6 親族・相続 第4版 (LEGAL QUEST)」は淡白に家族法の解説を行っているので、オーソドックスな基本書が欲しいという方におすすめです。



Law Practice 民法 第3版の発売!

基本書
03 /02 2017



 民法演習書として有名なLaw Practice 民法の最新第3版が発売されました。今回発売されたのは、総則物権編と債権編です。なお、Law Practice 民法III【親族・相続編】 (Law Practiceシリーズ)は、2015年10月に発売されています。

 Law Practiceは科目によっては4人の教授のみで書かれていることもありますが、Law Practice民法は、判例百選と同様にそれぞれの単元ごとに異なる教授によって執筆されています(第2版による。最新版については、未確認。)。内容は、民法の論文問題の設定、当該問題の参考判例の提示とその解説です。

 学者の演習本にありがちなことですが、解答例が載っていないのが残念なところです。しかし、学者の自説の押し付けや予備校の不完全な解説などによる弊害が極めて少ないことが、本書「Law Practice 民法」シリーズの魅力です。(沢山の学者が関わっているので、尖がった自説を押し出すことができないのでしょう。)

 また、沢山の民法学者が関わっているために、司法試験、予備試験の試験委員も無視できない演習本になっていると思われる(H27予備試験民法参照)ので、司法試験・予備試験受験生におすすめできる民法 演習本です。




水刀

2017年4月、LSに入学しました。