修習 - ほのぼのと司法試験に挑戦

司法修習生罷免の件で刑法39条を指摘するのは適当なのか。

時事ネタ
01 /21 2017

 司法修習生の男性があれをあれしたために罷免された件について、他ブログで色々と書かれています。にほんブログ村 司法試験予備試験にほんブログ村 司法試験から見ることができるので、気になる人は覗いてみてください。

 私自身最初は、酒に酔ったという事実から、心神喪失等の責任阻却事由の主張は本件でどう扱われているのだろうかという疑問を持ちましたが、しかし、刑法39条の適用はそもそも前提を欠くのではと思い、この記事を作成しました。

 本件の修習生の罷免は、司法修習生に関する規則2条前文でみなし公務員として扱われ、裁判所法68条、同規則18条1号に基づいて罷免が行われる以上、公務員の懲戒免職の判例( 最判昭和52年12月20日)同様に、その適法違法は、裁量権の逸脱濫用があったかどうかについて、判断すれば足り、刑法総論の適用はなく、専ら平等原則、比例原則、もしくは他事考慮の問題であって、刑法上の問題はそもそも生じないと考えるほうが適切かなと思います。

 酒に酔ってのことであるから、そもそもあれをあれしたことについて、考慮することは許されないのではないか。また、酔ってのことであるから、非難可能性が減退しているとして、処分が重過ぎるのではないか。という点について、主張して、なんとか罷免を回避できなかったのか、気になるところです。


◆最近のお勧めしたい記事
1000円以下のスマホ対応手袋の紹介
 冬の寒い時期に合う記事です。ぜひご覧ください。

今年(2016年)の人気記事を振り返る。
 人気の記事を紹介する記事となっています。ぜひご覧ください。

マークシート用鉛筆の紹介
 予備短答試験前に、筆記具の準備をしませんか。

憲法基本書紹介
 2017年2月8日から公開した記事です。初学者用の憲法基本書についても紹介しています。

著作権判例百選が著作権侵害を主張され出版差止めを受けたが、逆転勝訴で著作権判例百選が出版される。
 有名な事件についての解説です。

トランプが当選したのはなぜなのか、英国EU離脱国民投票から考える。
 政治に興味があれば、覗いていってくれると嬉しいです。


スポンサーサイト



水刀

2017年4月、LSに入学しました。