日記、雑談 - ほのぼのと司法試験に挑戦

約一か月ぶりの更新と相殺に関する簡単なまとめ

日記、雑談
04 /24 2018
 1か月ぶりの更新です。
 ブログ主としては、Better Ads Standardsというgoogleの発表などを今日知るに至ったりと、ブロガーとして非常に未熟ですが、4月(いや、もしかしたら1年中)忙しいので、気長に更新を待っていて欲しいと思います(更新を楽しみにしている人がいろか疑問ですが、ポジティブに考えておきます。fc2の社会科学ブログカテゴリーで、アクセスランキングベスト20位に大抵入っているので、少しは自信を持ってもいいかなと思っています。)。

 まあ、忙しいとはいっても、ルパンのpart5などを見たりと、ほのぼのとした生活時間も確保しているような気がします。

 さて、本題ですが、相殺の判例の簡単なまとめです。短答用のふしがありますから、専ら自分の知識が足りていないところが中心となってしまっています。基本的なところ及び自分が知っているところは、他のブログや基本書に譲りたいと思います。なお、基本的なコンセプトとしては、民法と民事訴訟法にまたがっている相殺の判例を、1つの記事としたら面白そうだというものです。

(1)不法行為債権を自働債権とする相殺
 S49.6.28/S54.9.7によって、否定されています。現実の補償をなす必要があるので、たとえ両債権が不法行為債権であったとしても、相殺は許されないと判断しています。ただし、これを批判する学説も有力です。

(2)使用者責任を自働債権とする相殺
 これも不法行為債権であるので、相殺は否定されます(S32.4.30)

(3)相殺と時効
 H25.2.28は、過払い金関連の訴訟ですが、相殺に関する一般的な判決として理解されています。
 (i) 既に弁済期にある自働債権と弁済期の定めのある受働債権とが相殺適状にあるというためには,受働債権につき,期限の利益を放棄することができるというだけではなく,期限の利益の放棄又は喪失等により,その弁済期が現実に到来していることを要する。(文理解釈とが既に享受した期限の利益を自ら遡及的に消滅させるのは相当ではないから)。
 (ii) 当事者の相殺に対する期待を保護するという民法508条の趣旨に照らせば,時効によって消滅した債権を自働債権とする相殺をするためには,(消滅時効が援用された)自働債権は,その消滅時効期間が経過する以前に受働債権と相殺適状にあったことを要する。

(4)一部請求と相殺(外形説)
 有名な外形説を判示したH6.11.22判決です。
(i) 特定の金銭債権の一部を請求する訴訟において相殺の抗弁が理由がある場合には、当該債権の総額を確定し、その額から自働債権の額を控除した残存額を算定した上、請求額が残存額の範囲内であるときは請求の全額を、残存額を超えるときは残存額の限度でこれを認容すべきである。
(ii) 特定の金銭債権の一部を請求する訴訟において相殺のため主張された自働債権の存否の判断は、右金銭債権の総額から一部請求の額を控除した残額部分に対応する範囲については既報力を生じない。

(4―1)一部請求と相殺(二重起訴の問題)
 H10.6.30の判決です。
 一個の債権の一部についてのみ判決を求める旨を明示して訴えを提起している場合において、当該債権の残部を自働債権として他の訴訟において相殺の抗弁を主張することは、債権の分割行使をすることが訴訟上の権利の濫用に当たるなど特段の事情の存しない限り、許される。


相殺について、おわりに

 S45.6.24の相殺と差押といった有名な判決やH10.4.30の相殺の抗弁に対する相殺の再抗弁の否定という判決もありますし、基本書等に譲ったところもあるかと思いますが、皆さんの知識の確認に役立ったなら嬉しい限りです。


スポンサーサイト



日記 - 演習の大切さを実感

日記、雑談
02 /03 2018

 ようやくテスト全日程が終了しました。実感としては、単位は来ると思う程度にはできたので、ひとまず満足しています。

 表題の件ですが、テスト勉強をして知識があったにもかかわらず解けなった問題がありました。具体的な問題の内容は避けますが、民法で時効の論点を忘れてしまったようなミスです。このようなミスをなくすためには、演習を実際に解いてみて、経験を積むことによって避けることができると思うので、演習の量を増やした方がいいと感じました。

 成績としてフィードバックがなされていないものの、今回のテスト範囲については知識は十分入っていると思うので、演習を重視していきたいです。

 行政法について、事例研究行政法のやり残しをすることは決めているのですが、他の科目はどうすべきか悩んでいます。とりあえずは司法試験の過去問に手を伸ばしていこうと思います。


 久方ぶり―約1か月ぶり―のブログ更新で、若干四苦八苦しましたが更新できて良かったです。これからもよろしくお願いします。あと、できれば、にほんブログ村にも立ち寄っていただけると嬉しいです。





2018年 おめでとうございます!

日記、雑談
01 /03 2018

 あけましておめでとうございます。

 昨年はありがとうございました。47,000回というアクセス(セッション)があり、ブログ運営者として嬉しい限りです。今年もできうる限り記事の更新を行っていきますので、よろしくお願いいたします。

 ちなみに、去年一番よまれた記事は、 (2018年入学者に読んでほしい)法学部入学前に読んで欲しい本10選でした。次点は、刑法の基本書紹介(2018年に対応しています。)民法の基本書、演習書など一覧という記事が続きました。

 期末試験まえにつき、短いあいさつとなりますが、今度とも当ブログをよろしくお願いいたします。

 2018年1月3日

----よければ、ブログ村のバナーのクリックをお願いします。
 にほんブログ村 資格ブログへ

アディーレ法律事務所に対し業務停止2月の処分が下る!

日記、雑談
10 /11 2017

 2017年10月11日に、弁護士法人アディーレ法律事務所に対し業務停止2月、元代表社員の弁護士石丸幸人会員に対し業務停止3月の懲戒処分が東京弁護士会により行われました。

 アディーレが行ってきた広告が、「不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認められる表示(有利誤認表示)」(消費者庁>「有利誤認とは」のHPから。)にあたり、また、「弁護士法第56条第1項の品位を失う非行に該当する」(東京弁護士会HP―懲戒処分の公表のPDF―から)ために、処分を行ったそうです。

 TVで有名な弁護士法人がこのような重い処分を受けることに驚いています。法曹倫理に反し処分を受けないようにするためにも、法曹倫理の勉強をおろそかにせずに勉強しようと思います。

 にほんブログ村 司法試験でも、予備口述試験と共に話題をさらっていくような気がしますね。

 
【おすすめの記事】
基本書 - 刑法

おすすめ! 民法の基本書紹介

憲法 - 基本書の紹介


----よければブログ村のバナーのクリックをお願いします。
 にほんブログ村 資格ブログへ


 

e-Govの法令閲覧システムが使いやすくなっている!

日記、雑談
10 /03 2017

 紙ベースのポケット六法平成30年版の発売というニュースもありましたが、今回は電子データベースのニュースです。

 インターネット上で、法務省が日本の法令を公開しています(検索サイトで、「民法」などと打ち込んで大抵一番上に出てくるサイトです。)が、この法令閲覧・検索システム―e-Gov―が使いやすくなっていました。昔は条文のリンク先をクリックしても、新しいタブで移動していまうために一々タブを消す作業が必要でしたが、今回の更新で同じタブ内で移動するようになりました(新しいタブで開きたい場合には、Ctrlキーと共にクリックすることで実行できます。)

 ただ、色々と機能を増やしたために、ページを開く時間が以前よりも掛ってしまうのがいただけないところです。

 六法を買いたくない人や持ち歩いていないときに条文を参照したいときに便利なネットなので、これからも機能の拡充をお願いしたいです。(できれば、関連判例について、最高裁とのリンクをつけるとかは、望みすぎでしょうか…、望みすぎですね。)

 最低限、最高裁が規定している規則についても、検索できるようにして欲しいものです。こちらについては、最高裁がPDFで公開していますが、使いづらいと感じているので、行政でも最高裁でもいいので、htmlで書いてほしいところです。

 


----よければブログ村のバナーのクリックをお願いします。
 にほんブログ村 資格ブログへ

水刀

2017年4月、LSに入学しました。